スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ?ほんと?!

今、脳機能学者でありカーネギーメロン大学博士の苫米地 英人さんの本を読んでいます

その本の中で、おもしろいと思ったことがあったので、ご紹介しますね。

あなたが「本当の幸せ」を手に入れるには、大好きでやりたいことをゴール(目標)にします。それには次のような条件があります。

①それが本当に「やりたいこと」であること
②自分の置かれている現状のままでは、決して叶いそうにない夢であること

ちょっと、びっくりしませんか?

私の中での常識は、「夢は小さく、努力は大きく」でしたから。。。あまり高望みをしてはいけないとか、身の程を知るとか、これまでいろいろ聞かされてきました。

でも、これらは苫米地先生流に言うと、周囲からの「洗脳」らしいのです

ゴールは「現状のはるか外」に設定しなくてはいけないんですって。。たとえば、「現在勤務している会社の社長になりたい」という目標は、現状の先にある可能性です。確立がどんなに低くてもこのままでいても、もしかすると実現するかもしれないことは、自分を変えるゴールにはならないそうです。会社員にとって、出世して社長になることはひとつのゴールかもしれないけど、それは現状の最適化に過ぎず、現状を強く肯定することになります。脳は「今のままでいい」と判断するそうです。

「アメリカ大統領になる」

これならOKなんです!!(ちょっとびっくりしてしまいますが)
アメリカ大統領は、アメリカで生まれていないとなれないとか…
だからこれでOKなんです。
もちろん、そのことを心からやりたいと思っていることが必須条件ですが、「アメリカ大統領になる」というゴールを設定したときから、「コンフォート・ゾーン(自分が、居心地がいい、楽にしていられると感じる意識の中に作られるゾーン)が上がって、スコトーマ(目の前にあるのに、見えていない物事がある状態のこと。心理的盲点)に隠れていた夢がみつかる」とのことです。

なんだか難しい言葉ですが、物理的空間から一歩上がって、もっと地球規模、宇宙規模の大志(たとえば、アメリカ大統領になって世界平和を実現するなど)で、かつ、それを心からやりたいと思っていると、必要な情報がどんどん入ってきて、夢が叶っていく…。そのように人間の脳は作られているみたいです。

現状のコンフォート・ゾーンの中にいる限り、ホメオスタシス(生命体を常に安定した常態に保とうとする働き)が働いて、現状維持になってしまう。どんなに有益な情報があっても見えない。だから、ゴールを崇高なもの(物理的なものを超越した)にするんですって。

飲食業なら、「世界中の人においしいものを提供してみんなを幸せにする」でもいいし、音楽家なら「音楽の力で世界をひとつにする」でもいいんです。そうすると、それに必要な情報やひらめきがどんどん見えるようになっていく。脳がそのゾーンに適応しようとする…。


ちょっと新鮮な感覚で、私はスゴクおもしろいと思ったのでご紹介しました



スポンサーサイト

レッスン1

先日、仕事のお休みに岩盤浴へ

汗も流してスッキリ!(あ~、幸せ)と満たされた気分で車に乗り家路に向かいます。川沿いの人通りのない交差点を曲がったときでした。

ピピッーっという音とともに、バックミラーに映ったのは、なんと白バイの姿

「今のところ、一時停止です。気が付かなかった?」

若い警官の姿。

「すみません…」
書類手続きの準備をしている警官をバックミラーに見ながら、私は思いました。

(神様、レッスン1だわ)

そして呟きました。「ついてる。ついてる。ああ、人をひかなくてよかった~、誰かを傷つけなくてよかった!事前に教えてもらってよかった。ついてる。やっぱり今日はいい日だ、ついてる、ついてる…」

以前の私だったらきっと

(あんな所に隠れて見張っているなんてひどい!田舎道だし、安全確認したんだからいいじゃない!どうせ、警察官のノルマでもあるんでしょ…)

ってな具合に、グチグチ思って一日中(今日は最悪!ついてない一日だった)なんて、ネガティブな波動をまわりに撒き散らしていたことでしょう。

無理にでも思い浮ぶ限りのポジティブな言葉を発しているうちに、なぜか嫌な気分は薄れてきて(本当に不思議と消えていきました)再び警官が私の前に姿を現したときには「すみませんでした。以後気をつけます。ありがとうございます」なんて言葉が自然と出ていました。

未だにあのとき「ありがとう」という言葉が口から出たのが不思議です。

警官は白バイに戻ろうとしましたが、もう一度やって来て

「この辺は、車の通りは少ないけど、自転車なんかが多いからね」と爽やかな笑顔を見せてくれました。

ついてないと思ったことでも、こじ付けでも無理してでもボジティブに受け取って、何があっても上に向けているってステキなことですね。私はその日1日中、幸せな気持ちでいることができましたヨ。

不思議な夢

今朝、不思議な夢をみました。

目の前になにかがあり、見ようとすると、もわっと薄い灰色の靄がかかり、見たいものを覆い隠してしまいます。
同じシーンを何度も繰り返し、あるとき、やっと、靄がかからなくなります。
また、同じシーン。今度も靄がかかっていない。(ああ、これからは大丈夫)と思ったところで目が覚めました。

人の心も、こんなふうに、ネガティブな考えをしていると靄がかかり、前が見えなくなってしまうのかもしれません。何度も何度も繰り返し、学習して、頭だけではなく自らの体験からそれを学んび感じ取ったとき、やっと靄が晴れてくる。

そして、何かがみえてくるのかもしれませんね。

自分を傷つけているのは自分

先日、スピリチュアルカウンセラーの師匠のところへ行って来ました。

いつも、そのときの自分に必要なことをアドバイスいただいていますが、その日の講座は白熱したものがありました。
その中でも、特に印象に残ったのは

「自分を傷つけているのは自分自身だ」

という言葉でした。

辛いことが起きても、へこむか、前向きになれるかは自分の思いが決めること。
 たとえば、人から自分が欠点だと思っていることを指摘されたとします。そのとき(嫌なことを言う人だな…)と思うか、(自分の至らぬところを教えてくれてありがとう。よし!そのことを直そう。そうすれば、もっと自分を高めることができる。いいチャンスがもらえた)と思うかで180度違った気持ちになります。へこんだ気持ちは、へこんだ波動となるし、よかった、ありがたいと思えば、感謝の波動となって広がります。類は友を呼ぶという法則から、波動はまた同じ波動を呼び、引き寄せます。

前向きな思いは、いつも良いことを呼び寄せその逆なら逆のことを呼び寄せてしまいます。だから、自分を傷つけているのは、いつでも自分の思いなのですね








今の自分に感謝して!

今年、生誕200年の音楽家フランツ・リストは、手が大きく指がとても長かったそうです。「これでもか」というような曲を作り、華麗に披露したようですが、リストの曲を弾くのは、とてもとても難しい。

指がそれほど長くない私には、物理的に弾くことができません。
それに比べ、小3の娘の指はすらっと長い(大人の私とほぼ同じ長さです

「はぁ…いいね、あなたは指が長くて」

つい、呟いてしまった私に

「ママ、自分に感謝にて!」
という娘の声。

「自分で決めて選んできた体だよ」

ダブルパンチでした。

いつか私が「今の自分は、天国にいるときに神様と相談して一番ぴったり合った場所や体を決めて生まれてきている」と、話したのを覚えていたのでしょう。

つい愚痴っっぽいことを言ってしまった自分を深く反省~~~
そして気づかせてくれた娘と、すべての人、もの、場所に感謝です。

今日もありがとうございます!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。