スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩盤浴

ここのところ軽い頭痛と肩こりが続いていました。
熱もないのでそれほど気にもとめていませんでしたが、直感で(気の流れが滞っている)と感じ岩盤欲で1時間ほど体を温めてみました。ゲルマニウムと岩塩の岩盤浴。

汗と一緒に老廃物も出て、すっきり!

次の日は驚くほど体調も肌の調子もよくなっていました。

体全体を温めながら瞑想すると、ぽかぽかムクムクと心髄から力がみなぎってくるような気がします。
スポンサーサイト

幸せって…

幸せってなんだろう?

ふと空を見ながら考えました。

お金があれば幸せかな…
豪邸に住んで、いい車に乗って、食べたいものを食べて、世界旅行をして…

そんなことを思いながら、目を足元に移しました。

住む場所があります。家族がいます。仕事ももっています。もっと言えば、今、呼吸をしています。

私の祖母は4年間、人工呼吸で闘病生活をした末、10年前に他界しました。自分の力で呼吸ができないのでタンがたまるたびに、顔を真っ赤にして苦しそうにしていたのを思い出します。

住む場所があって幸せ、家族がいて幸せ、仕事があって幸せ、食べるものがあって幸せ、呼吸ができて幸せ、生きていて幸せ…


数えればきりがないくらい、たくさんの幸せは、空の上ではなく、足元にありました!


洗濯物をほして、ふと足元を見ると猫のピノがうとうとうと…。

春の日差しを体いっぱいあびながらまどろんでいるピノを見ていると、こちらまで癒されます。

猫は柔軟でいい。
やわらかくしなやかで、自由気まま。そして水晶のように透き通った純粋な目をしている。
猫のようになれたらいいなぁ




ペイ・フォワード

今日、家族で『ペイ・フォワード』のDVDを見ました。

1人の少年が、自分から発信して3人の人間に善いことをする、またその3人がそれぞれ3人の人に善いことをする…そうやって善意を人から人へ伝えていくというストーリーです。

この映画を見ながら、ふと先日ブログに書いた『蓮の華の修行』のことを連想しました。少年は精一杯自分にできる善行を遂行しながらも、その結果は思う通りにはいかなかったと思い込んで死んでしまいます。しかし、少年の知らないところで、3人の人に善意を伝えるという行為は、いつの間にか多くの人に広まっていていました。自分では、(やっぱり無理だ、あきらめよう)と思っても、目の前のことを純粋に一生懸命やったことは結果をともなうし、善意は波動のように多くの人に広まっていきます。蓮の華の修行と同じだなあと感じながら見させていただきました。

それから、アルコール中毒の母親が、子供のためにアルコールを飲まなかったシーンも印象的でした。(自分のためにしなければ)と思うと、つい負けてしまうことでも(愛する人のために)と思うとできることもあります。私も気分が落ち込んだときはいつもスピリチュアルカウンセラ-の師匠から「世界が平和でありますように。争いのない世界が訪れますように。と祈りなさい」と言われます。

人の幸せを祈ると、自分の小さな世界のことなんか考えている隙間がなくなるからです。
とは言っても、自分に余裕がないときに、それは無理難題(笑)
まずは、意識することと、無理にでも言葉に出して言ってみること!のようですヨ


どうか、世界が平和でありますように…
争いのない世の中になりますように…

蓮の華の修行

某大富豪Sさんのお話の中で「蓮の華の修行」という話を聞きました。

それは、「周りの人がみんな愚痴や心配事などネガティブなことを言っていても、自分だけはボジティブな言葉を言い続ける」という修行です。蓮は、根っこの部分で繋がっているので、ボジティブな言葉を言い続けていれば、いずれ周りにも伝染してポジティブの波が広がっていくんですって。そして、どんな泥の中からでも見事に美しい花を咲かせる。

できたら、そんな花になりたいものですね。

呼吸法

今日は、スピリチュアルカウンセラーの先生に『呼吸法』について質問してみました。

常々、「深い呼吸と瞑想で心身共に良い状態になる」とか、「深呼吸をすると緊張がおさまる」とか、さまざまな言葉を耳にしてきましたが、はっきり言ってなぜ深い呼吸がよいのか理由がよくわかりませんでした。
先生いわく「通常と違う状態を作れて、ガイドスピリットとも交信しやすい状態になる」とのこと。また、頭痛などのとき呼吸法で治った体験もされているそうです。

 科学的には、自律神経をコントロールできて、ストレス解消になるようです。意思の力でストレスを解消しようとするのは、苦しみを伴います。でも呼吸をコントロールするのは簡単にできますよね。

 ちょっと専門的になりますが、セロトニンという神経伝達物質は、不足すると、気分が落ち込み元気がなくなり鬱になったりします。逆に増えると気分が明るくなって生きる意欲がわいてきます。うつ病の治療にセロトニンが使われますが、呼吸法によって、このセロトニンを増やすことができるそうです。

今日は、「ム-」と言いながら精神統一する「無の呼吸法」をしました。気持ちがすっきりして頭が本当に邪念のない「無」の状態になったかんじです!

言霊の力

はじめまして。

私の師と仰ぐ人たちは、皆、共通して『言葉』の大切さをおっしゃいます。
キリストも「最初に言葉ありき」と言われたように、言葉には計り知れない力があるようです。自分の発した言葉どおりになる。良きにつけ悪しきにつけ、言葉とは大きな影響力を私たちに及ぼします。どうせなら、なるべくポジティブな言葉を選んで発したいものですね。

 先日、主人がポツリと「禁酒するのがあと5年早かったら人生変わっていたかもしれない」と言いました。それを聞いていた8歳の娘は「気がつくのが、あと5年遅くなくてよかったね」と言いました。私も主人も、その言葉にはっとさせられ、あらためて何気に使っている言葉もネガティブにならないようにと反省しました。ポジティブな言葉を繰り返していると、心までポジティブになっていくから不思議です。

暗闇にぽっかりと灯るロウソクの光。
ポジティブな言葉とは光ですよ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。